開発環境を設定しよう


verilogに取り掛かる前に、以下のものがそろっているか確認してください。
  • パソコン(パラレルポートがあるもの。)
  • FPGA評価ボード (Spartan-3 Starter Kit 又は Spartan-3E Starter Kit のボード)
  • ダウンロードケーブル (スタータキット付属のパラレルケーブル 又は Platform Cable USB)
  • 電源 (スタータキットに付属のもので十分)

パラレルケーブル
スタータキットに付属。
Platform Cable USB
USBに接続するので、ほぼ全てのパソコンで使える。
データ転送速度が速く、フライングケーブルなので、
どんな評価ボードにも使用可能。
欠点は高価(2〜3万円くらい?)なこと


それでは開発環境のインストールからはじめます。

Xilinx のアカウントを取る

Xilinx ISE WebPackのインストール


次は開発環境の設定です。

評価ボードとパソコンを接続する


ツールを起動して簡単な回路を動かしてみましょう

簡単な回路を動かしてみる



トップに戻る